スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫織庵 切りビロードのショール

2009年12月01日 21:43

P1030919_R.jpg

寒くなってきたので、着物にもはおりやショールをまとう季節になりました。紫織庵さんで作ったのが、切りビロードというひとつひとつ手作りで作られているもの。大好きな市松柄しました。
裏地はひよこ柄です。いろんな方向を向いたひよこがたくさん。でも色がシックなので、大人のかわいらしさがあります。
P1030920_R.jpg

ビロードは「天鵞絨」と書き、ポルトガル語のveludoに由来するパイル織物の一だそうです。
十六世紀に南蛮貿易で鉄砲を包むビロードがポルトガルから我が国に渡来したのが始まりと言われ、織田信長や上杉謙信はこの珍しい織物に魅了され、マントとして愛用していたとのこと。そんな昔からあるものなんですね。

江戸時代は粋人の衣裳として好まれたそう。滋賀県長浜はビロードの最大産地として栄え、大正から昭和初期にはコートや羽織、ショールなどの生地に使用されて女性のあこがれの商品となり大流行し、戦後はその製織技術の難しさから、ほとんど生産されなくなり、いまでは滋賀県長浜と京都府丹後加悦町で僅かに製織技術が残っているだけそうです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://peachshell.blog14.fc2.com/tb.php/346-cf73138b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。